EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 MIXED BY DJ 村内 EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3
MIXED BY DJ 村内

QWCE-00134 \2,000
2009/10/21 ON SALE

駆け抜けろ!超音速のトランスロード!!
一流のカスタムパーツメーカーとのコラボレーション!大好評企画「チ−ムエアロダイナミック計画」!
これぞカーユーザーが指示する正真正銘のドライビングCD!!!!
★EXIT TUNES × AMEのWネームバンパーステッカー同梱!
★同梱のアンケートハガキをご返送して頂いた方の中から抽選で「AME」をはじめとした有名メーカーのカスタムパーツをプレゼント!
※カスタムパーツ応募ハガキは2010/02/28迄消印有効
EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3



公式サイト
01 ハング・アップ (エブリバディ・バンザイ・ミックス) / ディージェイ・サトミ
HUNG UP (EVERYBODY BANZAI MIX) / DJ SATOMI
DJ サトミ - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - HUNG UP
02 エブリバディ・9.0 (メガラ・バーサス・ディージェイ・リー・リミックス) / ロッコ
EVERYBODY 9.0 (MEGARA VS DJ LEE REMIX) / ROCCO
ロッコ - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - EVERYBODY 9.0
2001〜2002年にかけてヨーロッパで大ヒットとなったROCCOのEVERYBODYが2009年ヴァージョンになって登場!再リリースにあたり、新たに多数のリミキサーを起用しており、2002年当時のオリジナルの雰囲気を活かしながら、どのリミキサーも味のあるものに仕上げている。中でもMEGARA VS DJ LEE が手がけたこのヴァージョンはオリジナルの持ち味を生かし、ややハードかつトランシーな展開ながら、途中のブレイクではドラマティックな場面で魅せる秀逸な仕上がりとなっている。他に、DANCECOREやTI-MOなどが手がけた様々なヴァージョンがあるので、こちらもチェックして欲しい。
TEXT BY : HELIOS
03 バッド・ボーイ (クラブ・ミックス) / カスケーダ
BAD BOY (CLUB MIX) / CASCADA
Cascada - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - BAD BOY
「(I NEED A) MIRACLE (QUAKE TRANCE BEST.4収録)」が大ヒットを記録したCASCADAのシングル。「POISON / GROOVE COVERAGE」のREMIXを担当したTUNE UP!ことMANUEL REUTERがエンジニアリングを務め非常に質の高い仕上がりとなっている。彼はROCCO、SPECIAL Dに続きドイツで今最も注目されているアーティストでDJ MANIAN、YANOU、CASCADA、SPRINGBREAK、TUNE UP!、M.Y.C等要注目のプロジェクトの殆どに絡んでいる。
04 ナム (レインドロップズ・ミックス) / ジャン・ウェイン・ヴァーサス・レインドロップズ
NUMB (RAINDROPZ! MIX) / JAN WAYNE VS. RAINDROPZ!
Jan Wayne vs. RainDropz! - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - NUMB
2008年にDeutsche Dance Recordsからリリースされた、JAN WAYNEとRAINDROPZ!の競作楽曲。ハードスタイル寄りで、男性ヴォーカルのパワフルなトランスに仕上がっている。リミックスも多彩で、ハウス・ヴァージョンや、ハンズアップスタイルのものなどがあるが、ここではRAINDROPZ!が手がけた、最もアグレッシブでクールな仕上がりのヴァージョンを収録。太いキックとヴォーカルが見事に絡む、パワフルなものになっているが、それだけでなくイントロではピアノが切なく奏でる部分もあり、なかなか楽しませてくれる。
TEXT BY : HELIOS
05 ジャスト・ダンス (オリジナル・ミックス) / ディーグリース
JUST DANCE (ORIGINAL MIX) / DE-GREES
De-Grees - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - JUST DANCE
未発表曲「FASHION」が映画「お買いもの中毒な私!」(5月30日公開)のサントラに密かに収録されていたり、新曲「LOVE GAME」のMVがあまりにもセクシーすぎるということでオーストラリアでは放映禁止になるなど、最近何かと話題を提供してくれるLADY GAGAの大ヒットデビュー曲「JUST DANCE」をDE-GREESがカヴァー。DE-GREESといえばONE REPUBLIC「APOLOGIZE (QUAKE NEWS #01)」のカヴァーが記憶に新しく、最近ではBELINDA CARLISLE「CIRCLES IN THE SAND」のカヴァーを「JUST DANCE」と同時期に発表している。今回収録されている「JUST DANCE」は原曲の良さを踏襲しつつ、スピード感溢れるハッピーなトランスに仕上がっている。しかしどこか哀愁さをほのかに感じさせる、そんな曲でもある。クラブでこの曲に触れる機会があれば、ジャストダンス!何も考えず無我夢中にただ踊りたいものである。
TEXT BY: SHOHEI HASHIMOTO
06 バック・フォー・ユー (ハートスタイル・エクステンデッド) / アスフィア
BACK 4 YOU (HEARTSTYLE X-TENDED) / ASPYR
Aspyr - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - BACK 4 YOU
2006年にCUEPOINT傘下のCUEDANCEからリリースされた、SANDERプロデュースによる哀愁系女性ヴォーカルトランスナンバー。イントロの切ない雰囲気のメロディとは裏腹に、メインパート部分はかなりハードスタイルな雰囲気になっている。メロディラインそのものは日本人好みの展開になっていて、比較的耳に残りやすい。SANDER自身によるSANDER DJ REMIXよりも、ここで収録したHEARTSTYLE X - TENDEDほうが軽快に進む上に、キック太めで音も厚く、とてもフロアライクな仕上がりになっている。
TEXT BY : HELIOS
07 ワイプ・アウェイ・マイ・ティアーズ (エクステンデッド・ミックス) / ピージー・フィーチャリング・ジェーン
WIPE AWAY MY TEARS (EXTENDED MIX) / PG FEAT. JANE
PG - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - WIPE AWAY MY TEARS FEAT. JANE
08 マイ・ファースト・ラヴ (アレックス・メガネ・エクステンデッド・リミックス) / グレナダ
MY FIRST LOVE (ALEX MEGANE EXTENDED REMIX) / GRENADA
グレナダ - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - MY FIRST LOVE
09 サンキュー (デジマインド・リミックス) / フレクスター
THANK YOU (DIGIMIND REMIX) / FLEXTER
Flexter - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - THANK YOU
EMINEMも『STAN』でサンプリングしたDIDOの大ヒットナンバー『THANK YOU』をトランスバージョンにリメイク!リミックスはSKAM名義でも有名なイタリアのDIGIMINDで、軽めの女性ボーカルを重みのあるキックとシンセがしっかりとしたメロディーに作り上げている。
10 ジャンプ(マーティー・ヴァン・コーステン・ミックス) / ジャンプヘッズ
JUMP (MARTY VAN KORSEN MIX) / JUMPHEADZ
Jumpheadz - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - JUMP
バルト海に面する北ドイツの代表都市、リューベックで活動するDARREN TECH & MARTY VAN KORSENから成るダンスユニット、JUMPHeadZ(QUAKEとも親交の深いレーベル、MENTAL MADNESSに所属)の2ndシングル。プロローグを奏でる流麗なピアノリフから、超エモーショナルなシンセサイザー・サウンドのメインパートへと急上昇を画く、はかなくも美しいダイナミック・トランス。
TEXT BY : DJ BRUSH
11 アイ・ゲット・ア・ラッシュ (オリジナル・クラブ・ミックス) / グリソン・アンド・ストークス
I GET A RUSH (ORIGINAL CLUB MIX) / GRISSOM & STOKES
Grissom & Stokes - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - I GET a RUSH
2007年にCUEPOINTからリリースされた懐かしさを覚えるようなドラマチックなトランス。この曲を手がけたGRISSOM & STOKESは、Sebastian SchildeとTimm Refflinghausのユニットで、Sebastian SchildeはLIZ KAYの「CASTLES IN THE SKY」やMANIANの「TURN THE TIDE」などの楽曲で、Bastian Van Shield名義でユーロ・エレクトロハウスを手がけている。ここではそのエレクトロハウスとは打って変わった非常にトランシーな楽曲を披露している。ただドラマチックなだけではなく、アッパーな部分も十分兼ね備えていて、とても洗練された出来になっている。ORIGINAL MIXは最終的にMANIANがマスターを手がけており、音も厚くて申し分ない。
TEXT BY : HELIOS
12 アイ・フィール・ユー (ソウルクライ・アンド・ゲインワークス・リミックス) / エターニア
I FEEL YOU (SOULCRY & GAINWORX REMIX) / ETERNIA
Eternia - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - I FEEL YOU
ドイツはハンブルグから現れた歌姫、Eternalによるファーストシングル。限りない透明感を持ったスウィートな声域&ハーモニーをフィーチャーしつつも、バックトラックは当然アップリフトにプログラミング。Mental Madnessの諸作品にリミキサーとしても参加するAndre Pietschmann絡みと聞けば納得です。
TEXT BY : DJ BRUSH
13 ウェイク・アップ (オリジナル・ミックス) / ディープフォーセス
WAKE UP (ORIGINAL MIX) / DEEPFORCES
Deepforces - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - WAKE UP
2008年にZOOLANDからリリースされたDEEPFORCESの最新楽曲。既に『QUAKE TRANCE BEST.19 (QRDJ-19)』に収録されている「GODLIKE」とのダブルAサイドシングルとしてリリースされている。「GODLIKE」はかなりのハードトランスだったのに対し、この「WAKE UP」は切ない哀愁系メロディとハスキーな男性ヴォーカルが印象的なメロディアスな雰囲気も持ち合わせたハードトランスに仕上がっている。また、この「WAKE UP」は、昨今の流行であるユーロ・エレクトロハウススタイルのヴァージョンが製作されている。このDEEPFOECES自身のオリジナル・ミックスとはだいぶ趣を変えたアレンジになっている。
TEXT BY : HELIOS
14 サレンダー (ディージェイ・ゴラム・エクステンデッド) / ベースロッカーズ・プレゼンツ・エレナ
SURRENDER (DJ GOLLUM EXTENDED) / BASSROCKERZ PRESENTS ELENA
Bassrockerz presents Elena - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - SURRENDER
ANDORFINEからリリースされている楽曲。BASSROCKERZは、DJ DIAMONDとDEEJAY T.によるユニットである。元々はルーマニアでDJ PROJECTというアーティスト名で活動していたが、海外進出する際にヴォーカルを担当しているELENAにちなんで名義を変えた様だ。ちなみにDJ PROJECT名義では「BEFORE I SLEEP」が有名である。今回のDJ GOLLUM RMXの他にも、AXEL COON、BOOTLEGGERZ、BASSROCKERZ、DJ ZULANがあり、どれも日本人好みのアゲアゲなハンズアップに仕上がっているので、こちらもチェック必須です!
TEXT BY : м.к
15 スカイ (クラブ・ミックス) / プロジェクト・エックス
SKY (CLUB MIX) / PROJECT X
PROJECT  X - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - SKY
「ATTENZIONE!!!」で有名なFLASHRIDERが主宰するFLASH MUSIC最新作は、ビルボードチャートを席巻したCASCADAのプロデューサーとしても大活躍DJ MANIANのプロジェクト、その名もPROJECT X!!
16 イン・ザ・シャドウズ (ディージェイ・ゴラム・ミックス) / エー・スペンサー・アンド・ディージェイ・ゴラム
IN THE SHADOWS (DJ GOLLUM MIX) / A. SPENCER & DJ GOLLUM
A. Spencer & DJ Gollum - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - IN the SHADOWS
2008年にドイツのGlobal Airbeatzからリリースされた、ANDREW SPENCERとDJ GOLLUMの競作。出だしはまるっきりロックなのだが、その後いきなりハンズアップ・トランスへと急展開する異色のリミックスになっている。この楽曲、THE RASMUSというロックバンドのカヴァーで、このDJ GOLLUM REMIXは元の雰囲気を十分に活かした仕上がりになっている。また、ANDREW SPENCERが手がけたヴァージョンもインパクトがあるのでそちらもチェックして欲しい。ANDREW SPENCERはドイツのプロデューサー / DJであり、数多くの作品を発表している。
TEXT BY : HELIOS
17 スリーナイン / デュージェイ・ムラウチ
999 / DJ MURAUCHI
DJ MURAUCHI - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - 999
18 プロミス / ビーユーエス・フィーチャリング・マキ
promise / B.U.S feat. MAKI
Bus - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - promise feat.MAKI
19 ビート・イズ・カミング (エクステンデッド) / イースト・クラバーズ
BEAT IS COMING (EXTENDED) / EAST CLUBBERS
East Clubbers - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - BEAT IS COMING
20 サウンド・オブ・マイ・ドリームス (デシベル・エディット) / イースト・ロッカーズ
SOUND OF MY DREAMS (DECIBEL EDIT) / EAST ROCKERZ
East Rockerz - EXIT TRANCE PRESENTS AERODYNAMIC BEST 3 - SOUND of MY DREAMS
色々ななクラブで話題に上っていた超哀愁系ボーカルがたまらないこの曲。「PARTYTIME!」から「LET'S GO!」で一気に盛り上がる。
▼AERODYNAMIC BEST 3を試聴!!


▼公式サイトはコチラ!!


▼最新の情報をいち早くGET!!
Copyright (C) EXIT TUNES. All Rights Reserved.